人気の海外ブランドベビーカーの評判を集めました

HOME » ベビーカーの選び方 » 使用する用途や目的を確認

使用する用途や目的を確認

ベビーカーは、いつ頃購入したら良いのでしょうか。それは、ママたちの子育て事情によっても違ってきますが、大体、以下の2つのパターンが多いと思います。

赤ちゃんが小さいうちから外出が多い場合

赤ちゃんは、1ヶ月健診が済んだ頃から、少しずつ短時間の外気浴で外の空気に慣らしていきます。
お散歩に連れて行くようになるのは3か月頃から。
この頃から使えるのがA型ベビーカーで、赤ちゃんを寝かせることのできるタイプです。
長時間、赤ちゃんを連れて歩くことが多い人は、ベビーカーは早いうちから持っていたほうが便利でしょう。

6~7ヶ月頃までは遠出をしない場合

はじめての赤ちゃんなら、上の子に合わせて長時間のお散歩に付き合う必要はないですよね。
そういう場合は、赤ちゃんが重くなる6~7ヶ月くらいまで、抱っこひもで済ませるという手もあります。というのも、まだ小さいうちは、A型ベビーカーや、A型相当のベビーカーでないと使えません。

だけど、少し大きくなって、長時間の外出や、遠くまで出かけるようになると、折りたたみが楽でコンパクトな、B型ベビーカーのほうが便利なんです。
すると、せっかくA型ベビーカーを持っていても、B型に買い換えることになります。
それがもったいないというママさんは、7ヶ月くらいまでは抱っこひもを使って、はじめからB型ベビーカーやバギーなどでベビーカーデビューをするようです。

移動手段によって便利なベビーカー

電車やバスでの移動

ベビーカーと一緒に電車やバスで移動する場合、コンパクトでスムーズに移動できるタイプであることは、重要なポイントです。
混んでいるときはベビーカーに嫌な顔をする人は多いですし、大きすぎると駅の改札口も通れません。
あと、駅は階段の上り下りが多いですから、スムーズに走行できるように工夫されたタイプがおすすめです。

車での移動

車移動が多い場合は、チャイルドシート兼用のベビーカーもおすすめです。
これは、ベビーカーのシート部分をはずすだけで、それがチャイルドシートになるタイプです。
ただ、小さいうちしか使えないので、子どもが大きくなったら、チャイルドシートを買い替える必要はあります。

 
海外の人気ベビーカー比較ランキング